OLが賃貸を選ぶときの優先順位

賃貸は仲介がうまい業者を選ぶ

商品を紹介するとき、ある人は自社で作っている商品を紹介していました。一方、ある人は仕入れた商品を紹介していました。自社で作っている場合、その商品の性能だけでなく、どのようにできているとか、作っている人の思いなどをどんどん説明してくれます。一方で、仕入れて販売しているところは同じような他の商品も一緒に並べています。その中からできるだけこちらに合う商品を探してくれます。どちらの方が買い手に取ってよいかになります。

不動産業者を選ぶとき、賃貸の場合には、仲介のうまい業者を選ぶようにします。物件は、別に大家さんがいるものを仲介する場合と、その業者が保有するものを紹介する場合があります。自社で持っている場合は積極的にそちらを売り込むのでしょうが、多くの場合は仲介になります。不動産業者としては大家さんと借り主との仲を取り持ってくれる役割になります。大家さんが求めている借り主、借り主が求めている物件をマッチングしてくれます。

そういった業者は感じのよい人が多いです。こちらの話をきちんと聞いてくれ、それから大きく外れた物件を紹介したりはしません。こちらのいう話を聞かずとにかく物件のみを紹介してくるところは避けたほうが良いのです。

Copyright (C)2017OLが賃貸を選ぶときの優先順位.All rights reserved.