OLが賃貸を選ぶときの優先順位

賃貸の間取りは一つの形にこだわらない

学生時代にワンルームに住んでいた人は、社会人になってもう少し広いところに住みたいと思うようです。学生時代はせいぜい同性の友達が来るくらいでしたが、社会人になれば異性と付き合う機会も出てきます。その時にワンルームだと恥ずかしいと思うのです。そこで、2つ以上の部屋がある間取りを希望することにしました。2DKと言われる間取りがあると知って、早速インターネットで探したのですが、あまり物件数が出てきませんでした。

不動産業者にも2DKで立地や設備などの条件を伝えたところ、同じようにあまり出てきませんでした。この時、不動産業者の方がどうしても2DKでないとダメでしょうかと聞いてきました。こちらとしては、2部屋分あれば良いと伝えました。では1LDKで探してみましょうと提案してくれ、それで探してもらうとかなり件数が出てきました。賃料においても2DKに比べて安いところもあり、これなら最初から1LDKで探せば良いと思いました。

賃貸を探すとき、間取りにこだわり過ぎると見つかりにくいことがあります。目的に応じて、他の間取りで代用できないかを考えます。この辺りは不動産業者はプロですからどんどん提案してくれます。素人ではできないことです。

Copyright (C)2017OLが賃貸を選ぶときの優先順位.All rights reserved.